緑化の取り組み

 

環境への取り組み。グリーンプロダクツ

 もしもあなたに高い先見性があってもっと緑の多い世界を望んでいるとしたら、実際に行動を起こさねばなりません。Bremboは環境に優しい事業方針を採用すると共に、環境への負担の少ない製品の製造に取り組んでいます。


 

今日、多くの企業が環境負荷の低減に留意した生産プロセスや事業方針を採用しています。

Bremboは更にもう一方踏み込みます。私たちは環境に優しい事業方針を採用すると共に、環境への負担の少ない製品の製造に取り組んでいます。

Bremboにとってこれは自然な選択であり、その姿勢は環境汚染をあらゆる場面で低減させるエコフレンドリーな技術を積極的に採用していることからもよく見てとれます。それらの技術の例としては、微調整が可能で効果的に行うことのできる水資源の再利用システムや世界中の工場で発生する熱の回収技術などが挙げられます。

溶融炉や熱処理などに活用される環境技術は30%のエネルギー削減をもたらします。

また、廃棄物についても辛抱強い取り組みで再資源化を行うことができます。毎年Bremboでは生産プロセスで発生したすべての廃棄物のうちの53%以上を再利用することに成功しています。

 

 
 

 

機械やテクノロジー、そして加工プロセスへの環境保護活動は非常に重要です。しかし完成品もまた環境に対する負荷をかけているのです。
例えば製品の重量がそれです。

新しい素材や革新的な生産方法の発見によって製品の重量が軽くなれば、これはBremboブレーキを搭載する車両の燃費向上と制動時におけるCO2排出量の削減に役立ちます。

一部のセラミックカーボンディスクは鋳鉄製ディスクの半分の重さです。

これは5 g/kmものCO2排出量の削減に繋がります。

これと同様に、より軽量で残留トルク(摩擦)を著しく軽減させることのできるアルミニウム製の固定キャリパーを使用すれば、ブレーキを使用していない状態でのCO2排出量を6 g/km削減させることができます。

もっと具体的に言えば、鋳鉄製のフローティングキャリパー4個の代わりに4個のアルミニウム製固定キャリパーを使用することは、毎年6本の新しい木を植えるのと同じ効果があります。


 

​また、「硬さ」が環境保護に貢献することもあります。どのようにか?カーボンセラミックでできたブレーキディスクは、その並外れた硬さによって発生する微粉を大きく低減させます。鋳鉄と比較した場合、カーボンセラミックによる微粉の発生量は90%少なくなっています。

Bremboの理念は、来たるべき世界、そして次世代の地球のあり方を重要視しています。だからこそBremboは長年にわたって世界を変えようと模索しているのです。

 

 

 

 

ADI Golden Compass Awardhttp://www.brembo.com/jp/company/news/designADI Golden Compass AwardDISCOVER MOREBTS-bottomDx0デザイン美しさも一つの価値
イノベーションhttp://www.brembo.com/jp/company/news/innovationイノベーション秘密を見るBTS-bottomDx0イノベーション進み続けるBremboのイノベーション
レーシングhttp://www.brembo.com/jp/company/news/racingレーシングもっと見るBTS-bottomDx0レーシング40 years of Racing
安全http://www.brembo.com/jp/company/news/safety安全見るBTS-bottomDx0安全Bremboは最も価値ある資産「安全」を創ります。
テストhttp://www.brembo.com/jp/company/news/testingテストDISCOVER HOWBTS-bottomDx0テストパーフェクトなブレーキのための100万キロ
たゆまぬ研究http://www.brembo.com/jp/company/news/researchたゆまぬ研究もっと見るBTS-bottomDx0研究たゆまぬ研究活動

Brembo S.p.A. | P.IVA 00222620163

Follow us

Follow us on FacebookTwitterYouTubeLinkedIngoogle_plus.jpgPinterestInstagramVineYoukuWeibosnapchat.pngwechat.png